壁ドンされたい方必見!出会える出会い系サイトランキング

魑魅魍魎はびこるインターネット上では、時折怪しげな商法を勧誘するサイトなども見られます。
出会い系サイトではどうでしょうか?
悪徳業者がサクラだらけのサイトを運営していた昔と違い、健全化が進んでいる現在の出会い系サイトでは、ほとんどの場合、利用者を騙すことなく真っ当にサービスの提供が行われています。
しかし、サイトから騙されることはなくとも、サイトで知り合った相手から騙されることもあります。
そして、あなたが相手を騙してしまうことも……。
もちろん、「俺は相手を騙したりしないぞ!」という人もいるでしょう。
でも中には、プロフィール上の年齢や、会話の時に身長・体重・見た目などについて聞かれたときに、ごまかしたり……といったケースは、よくあるのではないでしょうか。
出会い系サイトでの出会いは、お互いに顔も姿も見えず、プロフィール画面と、メールでやりとりする情報だけでお互いを知るしかありません。
ですから、その気になれば、相手に知られると印象が悪くなる情報は伏せたり、ウソをついてごまかしたりすることもできてしまうのです。
あなたはプロフィールに自分の情報を入力する時、すべての情報を正直に入力しているでしょうか?
少なくとも、実名フルネームで登録している、ということはありませんよね。
出会い系にはどんな人がいるかもわかりませんし、個人情報を晒すことはトラブルにも繋がる危険性があります。
ですから、必要と思われる部分だけ書き、まずい部分は伏せているはずです。
登録する場合、男性の場合は本名の名前の部分だけとか、全く仮名のハンドルネームを使っている人が多いでしょう。
プロフィール上だけならそれでいいのですが、実際に女性とメールのやりとりをする時には、自分がどんな人間かを相手に知ってもらうための自己開示がどうしても必要になります。
年齢がいくつ、どんな職業に就いていて、趣味は何か。そしてあなたとのメールに何を望んでいるのか。こうしたことを明確にしておかないと、相手からの信頼を得るのは難しいでしょう。
本名かどうかもわからないハンドルネーム以外、何の情報も相手に教えようとしなければ、やはりそれ以上相手も心を許してくれはしないでしょう。
それは、逆の立場でも同じですよね。
でも、仮に自分のことをいろいろ教えたとしても、それが本当なのかどうかを確かめる術はありません。
まさかメールを受け取った相手が、裏づけのために探偵などを雇って身元調査をすることもないでしょうし……。
そんなわけで、メールのやりとりでは、男性も女性もお互い都合の悪い部分は伏せ、あるいは軽いウソをつく、ということは実際問題、日常茶飯事といえます。
誰だって自分の欠点を相手に見せたいとは思いませんから、多少、年や身長を誤魔化す程度なら、仕方がないと思うべきでしょう。
しかし、度を過ぎてウソばかりのメールは、自然とメール交換を続けているうちに、バレてしまうものです。
相手がついたのが小さなウソ程度なら笑って流しつつ、肝心な部分では相手を裏切らないように、大らかに誠実にやりとりを心がけたいものですね。

壁ドンしたい異性を探すには

男女ともに共通の出会い系サイトを利用する上でのメリットと、デメリットについて纏めてみます。まずメリットと言えば、現実社会では見つけられない、新たな出会いの可能性をつかめる事が挙げられます。手軽に出会いを見つけられるという事でもあります。
デメリットは、電子メールでの意思表現の不透明さ、「顔が見えない交流」の危険性、悪徳出会い系サイトに騙される危険性などがあります。
電子メールだけで自分の気持ちを正確に相手に伝え、また、自分自身もメールだけで相手がどんな人かを見極めるということは最初は非常に難しいと言えるでしょう。
しかし、この不透明さをクリアにしていく為に「相手に興味を持って質問する姿勢」が大事になってきます。また、自分自身も相手に対して心を開く事。そうすることによって相手の不透明さも徐々に薄れていき、いつの間にかお互い自然に打ち解けていけるはずです。
後は、先に述べたとおり、「求めている出会い」に関しての価値観が違う人、どうしても興味が持てない人は、この先付き合っていってもトラブルが起こる危険性の方が高いので、早々に縁を切った方が無難です。
最後に、登録するサイトの悪徳行為ですが、この問題はランキング上位の優良サイトだけに登録し、弱小サイトには目もくれなければ回避できます。素直に先駆者の意見を参考にして、ランキング上位、もしくは口コミで人気のサイトにだけ登録する事をおススメします。どれだけ美味しい情報を並べていても、あまり聞き覚えのないサイトなら悪徳出会い系サイトの可能性が十分にありますので。
最後に、出会い系で切っても切れない問題点はマナー違反についてです。
男性では「サクラ」、女性では「ノンアダルト制サイトでのアダルト要求の激しい利用者」が挙げられます。
双方ともに、出会い系サイトを間違った見識で捉えた結果の産物ですが、こういった利用者は、今のところ無視するか、サイト内の「通報」というコーナーに訴えるという手段くらいしか手はありません。
「サクラ」については、最初は見極めが難しいかもしれませんが、名前を覚えていなかったり、メールの前後内容がちぐはぐだったり、女性自らアダルトな要求をしてくる場合や、お金など男性においしい話を持ちかける場合は「サクラ」の可能性が高いので、こういった言動が目立った場合は無視して切り捨てていきましょう。
こういった、マナー違反利用者が出会い系サイトに蔓延するが為に出会い系サイトのイメージが悪くなっていますが、出会い系サイトは元々、真剣な気持ちの異性を結びつける場所なのです。現実として、出会い系サイトを利用して実際に出会い、仲良くなって恋人同士に結びついたカップルもいるのです。
ですから、マナー違反者は無視し、真剣な気持ちで運命の相手を探す事が大切です。真剣な気持ちでマナーを守って接すれば、出会い系サイトの中には貴方と同じ真剣な出会いを探す異性が必ずいますので、やがて想いは通じ合い「顔の見えない交流」でも、現実世界での恋愛のように発展するでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ